アメリカはロサンゼルスにある、
ケミカルガイズ Chemical Guys というカーケアのブランド。

も〜、、最近ドップリとハマっておりまして、、

これは良さそうだな〜、、という商品はもう全部お買い上げの大人買い。

ケミカル一本10ドル前後、
というお求めやすい価格もあって、、ホイホイとご購入、、

もう5万円以上はなんだかんだで使っているかな?笑

そんないろんな商品の中でも一番気に入っている、、
いや 気に入っているというより
「激しく同意!」と両手を挙げて賛同します!というほどツボに入っているのが写真のケミカルエコスマート EcoSmart

このエコスマートは水を使わないで拭き取りだけでクルマを洗えるというケミカル。

詳細はケミカルガイズのビデオを見ていただきたい、、

冬はコロラドに降る素晴らしい雪質のコロラド極上パウダー、
それが溶けるとコロラド川に流れ込み、
コロラド川は西へ、南西へ、と流れ進み、
コロラド州からユタ州、ネバダ州、アリゾナ州、そしてメキシコを通って太平洋に注ぎ込む、、

と思いきや、、実はコロラド川を流れるその水は太平洋に届かない、、

何故か??

それは海に到着する前にコロラド川流域に住む人間社会がその水 全て使い切ってしまうから。

ましてここ数年はカリフォルニア州やネバダ州で記録的な干ばつ(雪不足も)を記録。
ますます水が足らなくなる中、カリフォルニア州では芝生などの水やりにも日にちや散水量を厳しく制限、違反したときには500ドル(約6万円)の罰金が課せられる、ほどに。

そんな水使用制限のなか、もちろん家先でクルマをバシャバシャと呑気に洗うなんて出来ない、、
しかしいつも愛車を綺麗にしておきたい人もいる、、
仕事柄クルマをいつも綺麗にしておかなくてはいけない人や会社もある、、

そんなマーケットからの要望を聞いて開発したのが、
エコスマート EcoSmart。

実際 オレも試してみたけど、、
簡単に使えてとても綺麗になる。

難点はダッジラムのように大きなトラックを洗うと470mlのボトルが一回で終わる、
拭き取り用のマイクロファイバータオルが10枚以上必要となる、、
ことくらいかなぁ?

470mlのボトルは10ドル、、と一回の洗車に10ドルとお高くつくのだけど、
その後1ガロン(3.8リットル)の濃縮されたもの(90ドル)を15倍に水で薄めて使っています。
これなら470mlボトルあたり1ドルちょっとになって、コスト的にも大満足。

夏 毎日コロラド川で釣りをしているのを仕事としているオレとしても節水に協力できるこの水を使わない洗車方法はとても精神的にも落ち着きますな。

と、同時に今まで無頓着にバシャバシャと水でクルマを洗っていたことが恥ずかしい、、
プロの釣りガイドとして恥ずかしい、、

今日も気持ち良く晴れたのでサッと一拭きしてきますか、、笑



閲覧数1283