6月から9月までの4ヶ月はフライフィッシングを通してガイド業をやっておりますが、、
この「釣り」という商売がどれほどの規模なのか?
まず、アメリカ全体を見てみると、、
釣り人総数は、、
5千万人(以上)と言われています。

この数は、アメリカでのゴルフ人口(2千100万人)テニス人口(1千300万人)を合わせた数より大きい、、

でも まぁ アメリカ全体のフライフィッシング人口は600万人と言われており、
いろいろな釣りのカテゴリーから見るととってもマイナーな存在。

コロラド州だけで見てみると、

コロラド州 釣りライセンス発行数
2000年度シーズン 630,000部
2013年度シーズン 765,000部

2014年度シーズンは昨年以上のペースで発行されていて、昨日はコロラド全体の釣りライセンスコンピューターシステムがパンクしたそうで、、笑 ショップも大変だったらしい。

釣りビジネスがコロラド州に呼び込む金額は?
$1.9 billion、
日本円で2,000億円超。

へぇ〜 すごいな って感じ、この2,000億円という数字には、、
まぁ これには釣りをする人たちのコロラドでの滞在費とか交通費とか食費とかなんだかんだすべて含まれているのでしょうな。

オレが4ヶ月ガイド業に出て頂くお金が120万円前後だから、
2,000億円のうちの 0.00、、%(数字が細かすぎて計算できない 笑)程度のおこぼれはオレにも回って来てくれている訳で、、

ともかくも当たり前のように川におサカナがいるこのコロラドの大自然に感謝なのです。
閲覧数1574