メモ:
とにかくサーモンフライのドライを投げたい一心でファイアーホールのキャニオンをまずサーモンフライを期待していってみる。(昨日はボックス・キャニオンで裏切られましたからね)
全くサーモンフライの姿が見えないけど、あまり考えないでスポットに流すとそれなりに反応してくる。
しかし魚が20−30cmと小さいのでサイズ6番のサーモンフライは食いきれない(失笑)。
10分ほどでそこは離れ、温泉プールの下のスポットに入る。週末に関わらず誰も居ない。ここはハッチのサーモンフライなぞを投げずにまじめにドライ・ドロッパー システムを流すと、釣れる釣れる1時間弱で14匹ほど。
だけどサイズが20cm弱の小さい1年魚(昨年の春に生まれた魚たち)だけしかこない。

キャニオンの上流へ移動。ちょうどペールモーニングダンのハッチがよく、魚がよく反応してくる。
この機会に4種類のペールモーニングダンを試してみるが、一番成績がよかったのはCDCのスパークリング・ダン タイプのダンだった。反応が悪かったのが普通のパラシュートタイプ、、、見やすいけどダメでした。
このスポットではドライで6匹上げたところで、ハッチとライズが止まり、その後はペールモーニングダンのニンフをドライ・ドロッパー システムで流して、さらに3匹を釣って、今日はおしまい。

今日の一言:「ファイアーホールには魚が詰まっている」
同行者:なし
ロケーション:ファイアーホール
時間:11時〜2時20分
天候:晴れ時々曇
気温:16度
水温:16度
ハッチ:ベイティス、カディス、ペールモーニングダン
フライ:#16スパークリング・ダン/ペールモーニングダン #16ビードヘッド
フッキング数:20+
ランディング数:20+
種類:レインボー(15)、ブラウン(5)
サイズ:15 ~ 30cm
閲覧数4379