ここ数日はイエローストーン国立公園内のファイアーホールに通っています。
世界遺産の一つでもあり、世界最古の国立公園でもある、イエローストーン国立公園内で(放流されていない)ワイルド・トラウトを釣ることが出来る、というのはよく考えてみれば、とても贅沢で貴重なことではないのか?? とこの頃よく思います。 毎シーズン放流ガンガンのニューメキシコ州のサンワンと比べてしまうと、放流しなくても魚たちがしっかりと繁殖していける自然環境の中でロッドを振れるという、なんだか当たり前のことがこの時代において実はすごいことだというのが最近少しずつわかってきたような気がします。

ただ釣れればいい、というバカだった20代、30代の頃のモノの見方がこの数年間で変わってきたのが自分でしっかりと認知できる、というのはなかなか面白いものですな、、、

良子ちゃんの写真は、仲良し3人組がファイアーホールでマッタリしている図。
この3人組、「もう今日しかフライフィッシングが楽しめない!」って感じでロッドを降り続けていました(笑) そりゃそんだけ、動き回ってロッド降っていたら疲れるわ。

閲覧数2028