過去ログ

あなたは現在、2006年6月の過去ログを見ています。
2006年06月30日 投稿者: Jimi O カテゴリ: 釣り日誌

(映画 リバーランズ スルーイットの舞台でZen-禅と一緒に釣る良子ちゃん)


(Zen-禅とギャラティンのレインボー、ギャラティンのレインボーはトビウオのようなジャンプを繰り返す陽気なハッピー レインボー)


(眩しいオレンジ色のネット)


今日の一言 「映画 リバーランズ スルーイットの川で釣る」

今日のアタリ フライ:ゴールデン ストーン

メモ:

今朝ボウズマンから日本に帰られる渡辺さんをボウズマン空港にお送りした後、ボウズマンでちょっとお買い物、ウエストイエローストーンに帰る途中にギャラティンを釣る。
水はまだ高めだが、濁りは全く無し。(ビッグスカイから下流はウエストフォークからの濁りが入っていた)所々のポイントで飛ぶサーモンフライ、ゴールデン ストーンを確認。両方のドライフライを試したけど#8のゴールデン ストーンにしか反応がない。

» 続きを読む

2006年06月29日 投稿者: Jimi O カテゴリ: 釣り日誌

(スルー・クリークでウィストンを曲げる渡辺さん)


(スルーのレインボーは本当に綺麗 納得の44cm 北海道スペシャルで)

今日の一言
「この周辺の釣りはドライじゃ無くて、ニンフじゃなきゃ釣れないですかね??」
渡辺さん&ジミー「ドライじゃなきゃ釣れないですよ!!」
(日本からウエストイエローストーンに来たばかりの方との会話)

今日のアタリ フライ:北海道スペシャル by 渡辺さん

メモ:
ガイドサービス

今週のツアー最終日は「カットスロートを求めての公園北部の旅」がテーマ。
水量が落ちるのが例年より2週間ほど早いのでそろそろかな? と思っていた所でジャクリンズのお店でスルー・クリークでいい釣りをした!という情報が入り、まずはスルー・クリークへ向かう。
スルー・クリークへ向かう途中でラマーをちらりと見ると、この時期濁っているラマーが全然濁っていない=ソーダ・ビュートもいいはず、ということでスルー・クリークに入る前にソーダ・ビュートへ。
ソーダ・ビュート450cfs(ベストは150cfs前後)、水はまだ高いけど濁りが全然無いので釣りになりそう。北海道スペシャルを投げる渡辺さんに20cmのカットスロートがかかる、その後小さいカットボーが2匹ほど。しかしソーダ・ビュートの大きなカットスロートが全然フライに来ない。ジミーがニンフやストリーマーなどいろいろ試すが、反応無し。まだ水温が8度と冷たすぎるためか?

» 続きを読む

2006年06月28日 投稿者: Jimi O カテゴリ: 釣り日誌

(よいしょと、、ヘンリーズフォーク レインボー 揚がりました。62cm #16 働きアリ バーブレス 5Xテッペット)


(ヘンリーズフォーク初挑戦の渡辺さんにも釣れました)

今日の一言「ヘンリーズフォーク 絶好調!」

メモ:
ガイドサービス

ツアー4日目の今日はヘンリーズフォークはボーンフィッシュ・フラットへ。
渡辺さんとジミーは徒歩20分、写真を撮りに来た良子ちゃんはマウンテンバイクで5分ちょっと、自転車はえらい!

快晴 無風の中ポイントに10時30分に着いてみると、、、なんだこれは!ライズだらけ!!
20cmクラスの小さな奴らが我れ先とライズを繰り返している。よく見ると50cmクラス数匹もヌメッとライズ。

ヘンリーズフォークでの魚へのアプローチ、フライのプリゼンテーションの練習を兼ねてとりあえず手前のレインボーに渡辺さんがペールモーニングダンを投げると一発で出てくれる。その調子で3本のレインボーをゲット! 初ヘンリーズフォークでこれは上出来!

» 続きを読む

2006年06月27日 投稿者: Jimi O カテゴリ: 釣り日誌

(発泡スチロールではありません、雹です)


(ガーディナーを釣る渡辺さん)


(ギボンのブラウン)

今日の一言「あれだけすごい雹ストームははじめて」

メモ:
ガイドサービス

今日はイエローストーン国立公園に。
まず始めに例年より雪解けの収まりが早いガーディナーに向かう。公園北部の行きたいポイントに向かう前に上流部で綺麗なブルックを相手に遊ぶ。丁寧に流すドライフライによく出てくるブルック。
その後マンモス経由で中流部へ。水はまだ高めだが濁りは無いので十分に釣りなると思った矢先に頭上でカミナリ。
お昼ご飯を車中で頂きながら雷をやり過ごす。時々サーモンフライも飛んでいる。

» 続きを読む

2006年06月26日 投稿者: Jimi O カテゴリ: 釣り日誌

(大漁旗 揚がる)


(はい、マディソンのレインボーとブラウンです)


(エキサイティングなマディソンのフロート トリップ ウイストンの5番がよくしなります)

今日の一言「大漁旗あがる」

メモ:
ガイドサービス

朝からド快晴のウエストイエローストーン、こんな気持ちいい初夏の日には悠々とマディソンでのフロート トリップがお似合い。
ということでサーモンフライのハッチも出て来たとの噂を聞いてパリセイズ〜マッカティーを流すことに。
水はもう完全に透き通っていて雪解けは終わり。パリセイズのボートランプ対岸で早速ボートを降りてウエーディングでX-カディスや働きアリで探るといきなり40cmのレインボー、そしてブラウンが来る。


» 続きを読む

2006年06月25日 投稿者: Jimi O カテゴリ: 釣り日誌

(アメリカでのフライフィッシング 第一匹目がこのレインボー、おめでとうございます! ブラウンもゲット)


(Zen-禅ちゃんもレインボーにこんにちは)

今日の一言「ボウズマンまでのフライトが一日遅れるトラブルがあっても、一匹釣れればハッピー」

メモ:
ガイドサービス

昨日の夕方にボウズマンに到着予定の渡辺さん、なんとデンバー国際空港でスタックしてしまってデンバーで一泊!のトラブル。 今朝デンバー国際空港−ボウズマンの第一便になんとか乗り込んでボウズマン入りしました。(でも荷物は着かなかった、、)

ビッグスカイでハンバーガーの昼食を頂いて、ウエストイエローストーン到着。
その5分後にはマディソンに向かっていました、なんだかんだ言ったって釣りをしに来たのですから(笑)

» 続きを読む

2006年06月24日 投稿者: Jimi O カテゴリ: フライ パターン


ジミーのカディス ボックスには、一昔前はエルクヘアー・カディスで一杯だったのに気がつくといつの間にかX-カディスになっていました。
今では12番から20番までラインナップ揃っている、レギュラー スタンダードフライの一つです。

簡単に言えば、もうエルクヘアー・カディスは巻かなくなってこのX-カディスしか巻かなくなった、と言う事ですな。

現場では、カディスにライズしている魚がいれば、とりあえずこのフライをテッペットに結びます。
X-カディスで出なかったら、
アイリス カディス、
それでもダメならピューパをイメージしたセレンデピュティーをちょっと沈めて、、、
って感じでローテーションするのがお決まり。

それでも出てくれなかったら、、、ちょっと真剣に悩んでしまいます、釣りをしているときにはあまり悩みたくないのですけど(笑)

» 続きを読む

2006年06月23日 投稿者: Jimi O カテゴリ: フィッシング リポート
一押しおすすめスポット
ヘンリーズフォーク

主なハッチ
ペールモーニングダン
グリーンドレイク
カディス

ジミーの一言
「ヘンリーズフォーク、魚が増えました」

» 続きを読む

2006年06月22日 投稿者: Jimi O カテゴリ: 釣り日誌

(やった!ヘンリーズフォーク名物のグリーンドレイク 始まりました!)


(ウィストンのロッドをバットから曲げます ヘンリーズフォークのレインボー Yさん)


(ヘンリーズフォーク ボックス・キャニオン ラストチャンスリッフルでHさん納得のレインボー47cm)

今日の一言「ラスト チャンス リッフル 恐るべし」

メモ:
ガイドサービス

8時にウエストイエローストーンにある朝ご飯やさんでおいしいパンケーキの朝食、マジウマ!
その後快晴の空の下、ヘンリーズフォークへ向かう。
あまりにもいいお天気なのでハッチを期待していなかったけど、到着して5分後にペールモーニングダンの流下が始まっていいライズがいくつかあった。 さっとYさんが一匹ゲット。 その後大きいサイズの魚を狙おうとした所でライズが止まってしまう、ハッチはある程度続いているのに、、

ライズ待ちを1時間程。 お昼ご飯を食べているとグリーンドレイクのハッチが目に付くようになって、いい50cm級のいいライズを発見。
Yさんの投げたグリーンドレイクに一発で出るけど、フッキングに至らず、残念!
浅瀬で活発に水中でニンフを食べているレインボー50cmオーバーを発見。サイトニンフィングを試すが魚がどっかに行ってしまった(笑)

» 続きを読む

2006年06月21日 投稿者: Jimi O カテゴリ: 釣り日誌

(居酒屋ではありません、プラウラー君にゲストを迎えての食事の様子)


(我々3人は今日、地球上で一番きれいなところでお昼ご飯を食べたのです、たぶん?マディソン川にて)


(マディソン 納得の一匹 Hさん)

今日の一言「ガイドが釣っちゃダメっすよ(Hさん談)」

メモ:
ガイドサービス

朝起きると雲一つない快晴。気温10度、湿度も無いモンタナの朝は気持ちいい。
しかし快晴だとヘンリーズフォークでのハッチが期待出来ないので、ガイド・トリップ4日目の今日はマディソンのフロート トリップ、と相成る。

朝10時30分フロート トリップ開始、午前中はドライにもニンフにも反応が鈍い。水温10度、ちょっと冷たすぎ?
午後2時を回るとドライフライ、特に働きアリにいい反応が出てくる。 時々流すニンフにもちらほらとストライクが出てくる。


» 続きを読む

2006年06月20日 投稿者: Jimi O カテゴリ: 釣り日誌

(ハッチの無かった今朝は「贅沢なお散歩」になってしまったヘンリーズフォーク)


(Yさん、納得のヘンリーズフォーク レインボー)

 
(ヘンリーズフォークのボックス・キャニオンではおチビさんからナイス サイズまで釣れました)

今日の一言「ボックス・キャニオン 絶好調!」

メモ:
ガイドサービス

9時にお立ち台駐車場出発、歩け歩けでアイランズへ。徒歩45分で到着。快晴、中風ちょっと南西からの風がある。
10時過ぎから出ると予想されるペールモーニングダンのハッチに備える。10時30分何もなし、、11時何もなし、12時何もなし、、、で結局ノー ハッチ、ノー ライズ、ノー フィッシュのヘンリーズフォーク ランチでした。

午後は気分を変えてボックス・キャニオンのフロート トリップ。
ドライでもニンフでも20cmあるかないかサイズのレインボーがよく釣れる。カディスのすごいハッチの中、ビーズヘッドのフェザントテールや、セレンデピュティーを軽く流すととても良い反応がある。

» 続きを読む

2006年06月19日 投稿者: Jimi O カテゴリ: 釣り日誌

(マディソンのレインボーの走りを楽しむYさん)


(トラウト ハンターのショップ マネージャーのリック&みのり スミスご夫妻と一緒に)


(これはある意味でヘンリーズフォークで60cmを上げるよりスゴイ!事かもしれないムース大接近衝撃画像、動画はこちら

今日の一言「ムースをあれだけ至近距離に見たフィッシャーマンはいないだろう」(ムースに大接近されたYさんにむかって)

メモ:
ガイドサービス

先週水曜日に解禁を迎えたヘンリーズフォークへ。
お立ち台の駐車場から川に向かったのが10時、歩いて3分もしないうちに小さな魚のライズを発見。
その1分後、小さな魚がグループでライズしている中に50cmクラスのいい型がライズしているのを発見。その奥、流れの真ん中ほどで良い型が3、4匹ライズしているのも発見。こんなまとまったライズを最近のヘンリーズフォークで見るのは珍しい。
今朝はボーンフィッシュ・フラットまで歩いていこうかな? と思っていたけど、それはキャンセル。
すぐにお立ち台下流200mほどのところに立ちこんでライズにキャスト。

Yさんの投げたペールモーニングダンに3回ほど来てくれたけど残念ながらフッキングに至らず。
Hさんのペールモーニングダンにも1回来たけど、これもフッキング出来なかった。

» 続きを読む

2006年06月18日 投稿者: Jimi O カテゴリ: 釣り日誌

(ファイアーホールでのグッドファイトを見せてくれたブラウンと一緒に Hさん)


(ギボンでフライ交換中のYさん)


(地球は生きている! ファイアーホールの川辺ではこんな間欠泉も見れます。危険なのであまり近づかないように!動画はこちら

今日の一言「魚に国境無し」(どの魚もいるべくしているポイントにちゃんといて、フライに反応してくれるのに感心したHさんに向かってジミーの一言(笑)

メモ:
ガイドサービス

昨日は午後早くにボウズマンに向けてウエストイエローストーンを出発したので釣りは無し。
途中ギャラティンの様子をZen-禅と見る。水位も下がり、濁りも取れ始めていて、これなら釣りになる!って感じ。釣り場のオプションが増えるのは当然ガイドとして嬉しいものですな。

昨日夕方、ボストンにお住まいのYさん、神奈川からのいらっしゃったHさんをボウズマンに出迎える。
途中、ビッグスカイのコーラルで夕食を頂いてウエストイエローストーン入り。

今朝9時出発、ジャックリンズ Jacklin'sに寄ってライセンス購入、イエローストーン国立公園へ。

» 続きを読む

2006年06月16日 投稿者: Jimi O カテゴリ: 釣り日誌
 
(ヘンリーズフォークのペールモーニングダンとフラビニア(フラブ))

 
(フラブとヘンリーズフォークのボーンフィッシュ・フラット)

今日の一言「ヘンリーズフォークで寝てしまった、、」

メモ:
昨日、解禁したばかりのヘンリーズフォークはボーンフィッシュ・フラットへ。
今シーズンはコロラドからマウンテン バイクを持って来たので、ボーンフィッシュ・フラットへもてくてく歩かなくてもいいのが超嬉しい。 以前は30分以上歩いていたのが今日は8分くらい、でボーンフィッシュ・フラットに到着。

水面上にはペールモーニングダンが目立つけど、ライズは無し、水位低し。
前から来ているアメリカ人に状況を聞くと
「10時頃、ちょっとライズがあったけど大きなサイズは上がっていなかった、、」
とのこと。

マウンテン バイクを降りて川辺で寝ながらライズを探していたら、本当に居眠りしてしまった。
45分ほど寝ていた。 その間に回りに居た人のほとんどが居なくなっていました(笑)

» 続きを読む

2006年06月15日 投稿者: Jimi O カテゴリ: 釣り日誌
 
(お花が綺麗な季節です) (ペールモーニングダン)


プロタイヤーのレネ ハロップさんはThe voice of the Henry's Fork ヘンリーズフォークを代表するアイコン 顔、となっていろんな方面(特にアイダホ州の自然保護政策)でボランティア活動に励んでいらっしゃります。その様々な活動の様子はこちらのヘンリーズフォーク財団のホームページをご覧下さい。)

今日は待ちにまったヘンリーズフォーク ランチ解禁!
昨晩の強い雨のあと、今朝は弱風の曇り空、雲が低い、、こんな日はベイティスかペールモーニングダンが期待出来る。
10時30分頃お立ち台の駐車場に車を乗り入れて、まずはお立ち台に行って川を見てみるとペールモーニングダンのハッチがあって、20cmくらいの小さな魚がよくライズしている。

お立ち台から下流にちょっと歩いたところで30cmクラスのライズを見つけたので、その魚を視界に入れながら大きな魚を探すけど大きなのはライズしていない。まあ、せっかく来たんだからと30cmクラスをからかおうとしたら、、逆にからかわれてしまいましたな(笑)

» 続きを読む

2006年06月14日 投稿者: Jimi O カテゴリ: 釣り日誌
(カメラを忘れたので今日の写真はなし)

今日の一言「気温6度はやっぱり寒い」

メモ:
朝から雲がびっしりと綺麗に入っていたウエストイエローストーン。
「朝ご飯はパンケーキが食べたい!」
という良子ちゃんに付き合って、喜んでパンケーキ屋さんに行く。
その後イエローストーン国立公園内のマディソン、ギボンとファイアーホールの合流点に行ってみた。
到着すると雨が降り出したので車で待機、音楽を聞いているうちに40分ほど寝てしまった(笑)

» 続きを読む

2006年06月13日 投稿者: Jimi O カテゴリ: 釣り日誌
 
(みのりちゃん、ファイアーホールを釣る 撮影:良子ちゃん)


(ファイアーホールのブラウンが食べていた、ペールモーニングダンのイマージャー、イマージャー、イマージャー、、、)

今日の一言「ペールモーニングダンのハッチはやっぱりいい、ちゃんと魚を動かしてくれる」

メモ:
いままでタイミングが合わなかったのか、今シーズンはファイアーホールでのペールモーニングダンのハッチにしっかりと遭遇していなかったので、午前中にはファイアーホールに行こうと思った。
朝9時30分ごろ、ウエストイエローストーン在住のみのりちゃん(彼女のフィッシング コラムはこちら)と連絡が取れたので、一緒にどっか釣りに行こう、ということに。
朝ご飯をゆっくり食べて、みのりちゃんを迎えに行って、公園内を走ってファイアーホールに着いたのがもう12時30分を回っていました。

» 続きを読む

2006年06月12日 投稿者: Jimi O カテゴリ: フライフィッシング

(ヘンリーズフォーク アングラーズ30周年記念週間)


(1時間30分の間しゃべりっぱなし!のボブ親父)


(1920年代のころから今にまで、を綴るスライドショー)

今週はなんと「ヘンリーズフォーク アングラーズ30周年記念」ということで新築オープンしたばかりの綺麗なショップでいろんなイベントをヘンリーズフォーク アングラーズでやっています。

今晩はマイク ローソンの昔から友人でもある、ジミーの親方(18年前からお世話になっています)のボブ ジャクリンが「ウエストイエローストーンのHistory of Fly Fishing」と題してスライドショーをやりました。

» 続きを読む

2006年06月12日 投稿者: Jimi O カテゴリ: 釣り日誌

(太ったマディソン レインボーの重みを感じている良子ちゃん)

今日の一言「マディソンのスライド インはよく釣れる管理釣り場みたい(良子ちゃん談)」

メモ:
昨日はメールやっていたり、フライを巻いていたり(4ダースほど巻きました)して釣りに行きませんでした。でもZen-禅と一緒にマウンテン バイクを小一時間ほど乗ったので体のコリも取れて体調も最高!

午前中はプラウラー君でお仕事、午後に良子ちゃんとZen-禅のみんなでマディソンはスライド インに。

数日前より水位は大分減っているけど逆に濁りがひどくて色がきつい、、、

» 続きを読む

2006年06月11日 投稿者: Jimi O カテゴリ: フライ パターン


今、告白しますと、、、

はじめてこのフライをブルーリボンフライさんで見たときは、ハッキリ言って全然使う気がしなかったです。(アイリス カディスはブルーリボンフライのオリジナル フライです)それが4年前くらいかな?
だってなんか輪郭がはっきりしないし、キチッと巻かれていないし、ウイングの白のジィーロンがボタッとついて重そうでなんか浮きそうもないし、まあ簡単に言えば「野暮なうざったい、全然スマートじゃないフライ」だから俺のセンスが使わせてくれなかった、、、のですよ(笑)

それがなんかの機会で(おそらくゲストが買ったフライの残りがなぜだかジミーのボックスに入っていて、なにげなく目に付いて結んで投げてみた、って感じだったと思う、、)昨シーズンから使うようになって、、、

流してみるとこれが、、、

» 続きを読む

2006年06月10日 投稿者: Jimi O カテゴリ: 釣り日誌
 
(ファイアーホールのレインボー)(と、ブラウン)


(走るバッファローを撮影中)

今日の一言「気温が下がっていい感じのファイアーホールなのに、なぜかハッチが不順だな、、、」

メモ:
土田さんとご一緒するのも今日が最後。
夕方にはボウズマンに移動しなくては行けないので、午後1時頃迄の釣りとなる。
朝から雨がパラパラ、風は無し、厚い雲がビッシリ、となればファイアーホールしかない。
気温7度、水温14度。


» 続きを読む

2006年06月09日 投稿者: Jimi O カテゴリ: 釣り日誌

(このサイズのレインボーがサーモンフライのドライにアタックしてくるガッツさ、に敬服します)


(ファイアーホール キャニオン、右側の山は64万年前の大噴火の時の火口後、いわゆる外輪山)

今日の一言「午後の小一時間のみのフライフィッシングは贅沢なもんだ」

メモ:
今日のガイドサービスは一日お休み。
と言う事でまずは朝寝坊、たっぷりと寝かさせていただきました、起きたら10時30分だった(笑)
マウンテンバイクを1時間程乗り回したり(Zen-禅も一時間びっしりと走りました、よく走ったぞZen-禅!)、フィッシング リポートを更新したりして、ファイアーホールに向かったのが3時前。
一番ウエストイエローストーンに近いファイアーホールのキャニオンで車を止めてサーモンフライを流す。

» 続きを読む

2006年06月09日 投稿者: Jimi O カテゴリ: フィッシング リポート
一押しおすすめスポット
ファイアーホール

主なハッチ
ベイティス(コカゲロウ)
ペールモーニングダン
サーモンフライ
カディス

ジミーの一言
「ペールモーニングダン、ベイティスのハッチを見ているだけで幸せになれます」

» 続きを読む

2006年06月08日 投稿者: Jimi O カテゴリ: 釣り日誌

(ギボンを釣る土田さん) (ファイアーホールにて)


(バッファローさん達も移動中)

今日の一言「雨が降って、気温が下がってやっと例年並みの6月になった」

メモ:
ガイドサービス。
朝、西にはやる気満々の黒い雲が。みんな一緒に朝ご飯をランニング ベアー(ここのホットケーキはマジうま。ジミーのお薦め)で頂いているときに勢い良く雨が降ってくる。あまりによく降るので出発を見送って、ちょっと待機。
30分もしないうちに雨が止んだので、ペールモーニングダンとベイティスのハッチを期待してイエローストーン国立公園内のファイアーホールへ向かう。

昨日は気温28度、今朝は13度。でも水温は同じ17度前後。


» 続きを読む

2006年06月07日 投稿者: Jimi O カテゴリ: 釣り日誌

(バッファロー達が釣りの帰りの道をふさいでいました、、
みなさんはこんな近くでバッファローの写真は撮らないように!危険っす)


(ファイアーホールのレインボー、このレインボーはサイズの割に超グッド ファイターでした)

今日の一言「新緑の鮮やかな6月のイエローストーン国立公園は素晴らしい」

メモ:
ガイドサービス。
ペールモーニングダン、カディス、ベイティスと3つのいいハッチが続くファイアーホールに向かう。午前中からサーモンフライ、カディスのハッチが目に付く。

午前中はスローなスタートだったけど、11時前、ベイティスのハッチが始まってから食いがたって来て釣れて来た。

» 続きを読む

2006年06月06日 投稿者: Jimi O カテゴリ: 釣り日誌

(一息ついて、ゆったりとランチタイムを楽しみます)


(力強いヘンリーズフォークのレインボーとのファイトを楽しむ土田さん)


(デップリと太ったボックス・キャニオンのレインボー)

今日の一言「どんなときもわずかな可能性があれば、諦めずにフライを最後まで流すのです(土田さん談」

メモ:
ガイドサービス。
朝からドピーカンの晴天、サーモンフライのハッチがいいヘンリーズフォークはボックス・キャニオンへ。
ボートに乗ってキャニオンの川下りだけでも気持ちいいので、釣りをしない奥様もお誘いする。
風、雲一つないボックス・キャニオンは別天地、本当に気持ちいい。
午後になると期待のサーモンフライもドンドン飛んで来て、時々派手なスプラッシュ ライズも見られる。 ライズがあったところでウエーディングしてしつこく流すと3匹がアタックしてきた。

» 続きを読む

2006年06月05日 投稿者: Jimi O カテゴリ: 釣り日誌

(土田さん@マディソン ビィトウーン・レイク)


(ナイス マディソン レインボー!)

今日の一言「水が濁っていても、1mの視界があれば十分に釣りになる」

メモ:
ガイドサービス一日目。
朝起きると雲一つ無い晴天、ファイアーホールのベイティスはこんな時には止まってしまうので、札幌からの土田さんと一緒にマディソンへ向かう。

ビィトウーン・レイクに人が誰も入っていなかったので、すかさずそこへ。
水温8度、立ちこんでいると体が震えてくる程冷え込んでしまう。
晴天すぎるのか? 水温が低すぎるのか? ハッチがないためか? 釣りはスロー。それでもこまめに場所を変えて数匹のレインボーをかける。

» 続きを読む

2006年06月04日 投稿者: Jimi O カテゴリ: フライフィッシング

(ジャケットの色とお揃いのランディングネット)


動画はこちら


岡田さん、

良子ちゃんのネット、わざわざ作っていただいて本当にありがとうございました。
今日、めでたく、ファイアーホールにて最初のお魚をネットに収める事が出来ました。

最初のお魚がファイアーホールの綺麗なレインボーで、ネットも喜んでおりました(笑)

» 続きを読む

2006年06月04日 投稿者: Jimi O カテゴリ: 釣り日誌

(気持ちいいファイアーホールの川辺に、、)


(5回くらいキャストしているうちにこんなストームがやってきます)


(そして一分後にはこんな感じに、、)

今日の一言「ファイアーホールのブラウン、引きのトルクの強さにビックリ。たかだか30cmちょっとのブラウンに5番ロッドがのされてしまったのには驚かされた」


メモ:
午前中は車のお掃除、散髪、ひげ剃りなどなどでアッという間に時間が過ぎて(起きるのが遅すぎ!良子ちゃん談)なんだかんだで川に行くのが遅くなってしまった。

今日はファイアーホール、午後のベイティスとカディスを期待して。

案の定、川に着くとカディスにライズ、バンバン。 最高のコンディションだと思いきや、川に立ったとたんに西からストームが、それも雷も伴って。

» 続きを読む

2006年06月03日 投稿者: Jimi O カテゴリ: 釣り日誌

(マディソン スライドインのレインボー、ビーズヘッドのプリンスにきてくれました)


(グレイリング クリーク in イエローストーン国立公園)

ゲストがいないこの週を使って、今迄一回もロッドを出した事が無い所も行っておきたいな、と思ってイエローストーン国立公園内のグレイリング クリークに行ってみる。

水量高し、でも透き切っていていい感じ。
高い所から川を覗き込むと、、、
いるいるレインボーが5、6本。 

「匹」ではなくてあえて「本」単位で数えたくなるほど、大きなレインボー。みんな軽く45から50cmはある。そして皆さん熱心に産卵していた。下流20キロにあるヘブゲン湖から産卵のために上がって来たレインボー達だった。

» 続きを読む

2006年06月02日 投稿者: Jimi O カテゴリ: 釣り日誌

(ギボン川、対岸にいたエルクも釣りをジィ〜と見ていました)

 
(ガーディナー川) (ガーディナーのブルックトラウト)

イエローストーン国立公園内のガーディナーとギボンで釣る。
ガーディナーはまだ水が高いと予想していたが、その通り、でも思ったより濁っていなくて十分に釣りになるコンディション。
早い流れ、その中で緩いポイントに丁寧にフライを流すと綺麗なブルックが飛び出してくれて嬉しかった。

「おお、愛い奴らよ、、」って感じ(笑)

帰りにギボンに立ち寄る。
お水タップリ、でも全然濁りが無く、素晴らしいコンディション。
そこにX-カディスを流すと、無邪気にブラウンが食いに来てくれる。手に取ると、プリプリ太っていてそれは綺麗なブラウン。

» 続きを読む

2006年06月01日 投稿者: Jimi O カテゴリ: 釣り日誌

(ヘンリーズフォーク ボックス・キャニオンのサーモンフライ)


(ボートを漕ぐのは良子ちゃん、それを見ているだけのZen-禅)


(改築したばかりのヘンリーズフォーク アングラーズ、今度のショップはデカイ!)


(店長のマイク ローソンさんと)

メモ:
昨シーズンは逃してしまったサーモンフライのハッチを追いかけてヘンリーズフォークはボックス・キャニオンのセクションにボートを出してみた。
3日前の寒波で一回は止まってしまった(死んでしまった?)サーモンフライですが、
「あれくらいの2、3日の寒波で全滅するわけはない、今年にハッチする予定のサーモンフライがまだまだ絶対にいるはず、この陽気を見てハッチが再開する」
の読み通り、ボックス・キャニオンに出てくれていました、サーモンフライ。

» 続きを読む