過去ログ

あなたは現在、2005年9月の過去ログを見ています。
2005年09月30日 投稿者: Jimi O カテゴリ: 釣り日誌


メモ:
今シーズン最後のアッパー・マディソンへ。ラッキーなことにお気に入りのスポットに一番乗り、早速昨晩トラウトハンターのリックさんに見立ててもらった巨大ストリーマーをスペイで流すが反応無し、、、残念。
一回流し切ってから車の中にあった3番9フィートで小さなニンフを流す。ポンポン釣れる、ホワイトフィッシュが(笑)
ホワイトフィッシュが5匹、そして20cmクラスのブラウンが3匹、よく釣れました(笑) 良子ちゃんに50cmクラスの大型が来たけど、切られてしまった、、、

» 続きを読む

2005年09月29日 投稿者: Jimi O カテゴリ: 釣り日誌


メモ:
はい、今朝もこの時期の恒例アッパー・マディソン参り。この3、4日は毎日お天気がよくて魚の入れ替わりと食いが落ちている感じで、今朝もストライクが一回来たのみ、プラス、ホワイトフィッシュが一匹釣れたのみ、、、でも5番のスペイロッドのキモを押さえられるようになって気持ちいいスペイキャストを1時間ほど楽しむことができた。
期待していた午後の曇り空もなしの晴天下、イエローストーン国立公園のファイアーホールにビデオ撮影に行きたかったけどこの2、3日、川に行っていないZen-禅の為に彼が思い切り走り回れるマディソン $3ブリッジに行くことに。

» 続きを読む

2005年09月28日 投稿者: Jimi O カテゴリ: 釣り日誌


去年の今日もここにいた。(2004年9月28日のトピック)
「Fishing is Believing」
信じきれなかった私はここでボウズだった。2日後にかけたサカナ(link 9/30)はあっという間に逃げていった(笑)

1年後、今日も「Fishing is believing」
半信半疑の私の背をジミーが押した。「ぜーったい、いるから。」


» 続きを読む

2005年09月27日 投稿者: Jimi O カテゴリ: 釣り日誌


メモ:

例年通り、コロラドに戻る前の1週間は毎朝アッパー・マディソン通い。それも人が入らない早朝攻撃でスペイでストリーマーを流す釣り。今日も来ました、ホワイトフィッシュが(笑) でもサイズ6番のウーリーバガーをホワイトフィッシュがしっかり食べるとは、、、それもスイングしているときに、、ホワイトフィッシュがこんな風に釣れるなんて、知らなかったです、勉強になりました。
2匹目は「絶対に魚が入っている」ポイントに流した12番のソフトハックルに50cmクラスのブラウンが来てくれました。でもこの魚はスイングではなく、ショートキャストを上流にしてナチュラルで流しているときに来たから別にスペイでもなくてもよかったわけで、、、ちょっとズルをした気分、ロッドも12フィートの長さだからソフトハックルを流すのも楽なのです(笑) 
一回ウエストイエローストーンに帰って朝食、そして溜まってしまっているスキーアメリカのお仕事、今スキーシーズンも既に予約が毎日入って来ています、ありがたいことです、早く雪が沢山降りますように。

» 続きを読む

2005年09月26日 投稿者: Jimi O カテゴリ: 釣り日誌


メモ:
先週からチャレンジしているアッパー・マディソンの大物狙い、さてそろそろ最初の一匹が来ても良い頃、(先週何回かトライしたゲストの皆さんストライクは数回来たけどランディングまでは行かず惜しかったです、、)ということで朝7時にイエローストーン国立公園内のスポットへ向かう。車にもビッシリと厚い霜が降りているマイナス5度、寒いわけだ。しかしこんな冷え込んだ朝がアッパー・マディソンでは狙い目。案の定一番いいスポットには誰も居なく一番乗り。早速セージの5番ライト・スペイでリバーレフト(左岸)からのシングルスペイ キャストで打ち返していく。

» 続きを読む

2005年09月25日 投稿者: Jimi O カテゴリ: 釣り日誌


メモ:
昨日は一日丸々お休み、釣りにも行かずに読みたかったルイス&クラークの本を読んだり、ウエストイエローストーンの町にあるIMAXに足を運んでルイス&クラークの映画を見たりしていました。それにしてもルイス君とクラーク君はすごい偉業をやり通したとつくづく思います。
日本にもIMAXはあるのかな?? IMAXの超迫力映像は一見の価値があります。

この時期はスペイロッドを振り回して、ストリーマーやウエットフライをスイングさせる釣りが楽しい、小さなドライフライを目で追わないのも楽でいいし(笑)

» 続きを読む

2005年09月23日 投稿者: Jimi O カテゴリ: 釣り日誌


(今シーズン最後のガイド・トリップ 70日目)

メモ:
今日は今シーズン最後のガイド・トリップ。早朝4時30分にウエストイエローストーンを出発してボウズマンの空港へY さんをお送りして、その後一日だけ先週からのFISH BIG SKYツアー居残り組のS さんとSH さんをリビングストン近くのデピューズ スプリングクリークにご案内する。その前にジミーお気に入りのボウズマンのカフェでおいしい朝ご飯。
ボウズマンからリビングストンまでは車で30分かからないほど、あッと言う間。リビングストンにある老舗ダン・ベリーのお店に立ち寄って「大物プレート(釣れた魚のサイズとフライ、釣った場所がそれぞれ書かれている)」を鑑賞。やっぱ60cm前後の超大物は大きなストリーマーやニンフで釣れていることを改めて認識。このお店は1938年に創立、釣れた魚の年号を見ているだけでもおもしろい。

河合君を訪ねてハッチ ファインダーに立ち寄る。河合君にデピューズ用のフライを選んでもらったり談笑している間に朝から降っていた雨が弱まったのでデピューズ スプリングクリークへ、リビングストンからは10キロも離れていない、あッと言う間。

» 続きを読む

2005年09月22日 投稿者: Jimi O カテゴリ: 釣り日誌


(ガイド・トリップ)

メモ:
今シーズン最後のFISH BIG SKYツアー最終日(実際は明日一日エキストラがありますが、)はフルコースで、ということで朝一番の6時30分にイエローストーン国立公園内のアッパー・マディソンへ「一発大物狙い」ストリーマーを投げる釣りにチャレンジ。
Y さんに数回ストライクがきて、一回フッキングするが残念ながら外れてしまう。小さいニンフを投げていたSHさんには25cmのトラウト、2匹のホワイトフィッシュ、その他に数回ストライクがきたけど、大物は来ない、、、一生懸命にゾンカーを投げていたSさんにはストライクも無く、早朝のセッションは終わってしまった。この一週間、機会がある度に狙っていたヘブゲン湖からの大物トラウトはついにランディングすることが出来なかったけど、まあこれは後年へのお楽しみ、ということで(笑)
ウエストイエローストーンに帰っておいしいホットケーキの朝食を戴いて、そのままマディソンのフロート トリップへ。

» 続きを読む

2005年09月21日 投稿者: Jimi O カテゴリ: 釣り日誌


(ガイド・トリップ)

メモ:
まずはアッパー・マディソンに立寄り、今週のテーマ(ジミーが勝手に決めている(笑)「一発大物狙い」。 S さんの投げたゾンカーに35cmのレインボーが一匹きただけでファイアーホールへ移動。
ベイティスのハッチが始まりかけた11時頃にS さんの投げる20番のトライコに連続ヒット。やはりハッチのはじめと終わりは実際の虫が水面上に少ないだけにフライによく反応してくれる。その逆にハッチのピーク時はライズこそ多いけど、本物の虫が多く水面上にでているために投げているフライと本物との「競争率」が高いために完璧なドリフトとタイミングが要求されてしまうことが多いですな。

» 続きを読む

2005年09月20日 投稿者: Jimi O カテゴリ: 釣り日誌


(ガイド・トリップ)

メモ:
ツアー3日目はこの数週間、好調なソーダ・ビュートにご案内。
朝から気持ちよく晴れてソーダ・ビュートに到着したのが午前10時、しかし肝心のハッチが無く、スローな釣りとなる。ライズが無くてもアプローチに気をつけてポイントにアントやベイティスを流すと時々反応があった。細心なアプローチで丁寧に釣っていたY さんに今日一番いいサイズ(45cm、体高しっかり、肩ガッシリ)のイエローストーン・カットスロートがきた。

» 続きを読む

2005年09月19日 投稿者: Jimi O カテゴリ: 釣り日誌


(ガイド・トリップ)

メモ:
朝起きると昨日とは打って変わってのドピーカン、さわやかな秋の青空。
こんなお天気のいい日は「ビッグスカイ」が気持ちいいマディソンへ。
ミッジのいいハッチがあったけど、魚はライズしていなく、ドライフライを投げても反応が無いのでミッジピューパやベイティスの小さなイマージャーを軽く沈める釣りをする。

» 続きを読む

2005年09月18日 投稿者: Jimi O カテゴリ: 釣り日誌


(ガイド・トリップ)

メモ:
16日と17日はボウズマン空港への送迎やこの数週間溜まってたメール処理に集中して釣りに行きませんでした。

昨晩ウエストイエローストーン入りした3名様とこれから5日間の釣行、よろしくお願いします! と、言うことで朝起きると空一面重い雲が、こんな時は迷わずファイアーホールへ。
午前中はベイティスのハッチが始まらず、時折カディスにライズする魚を見るのみ。

» 続きを読む

2005年09月15日 投稿者: Jimi O カテゴリ: 釣り日誌


(ビデオ撮影最終日)

メモ:
前回全く釣れなかったのに、またアッパー マディソンへ。ストリーマーにガツンと来る直感的なストライクを味わいたいのです。結果は「0」(泣) まだ魚が十分に入って来ていない感じ。ピークになるにはもう1週間必要か? でも周りの話ではボチボチ釣れ始めている、のを聞くが、、
ウエストイエローストーンに帰って朝ご飯を戴いて、午後はマディソンのフロート トリップへ。

» 続きを読む

2005年09月14日 投稿者: Jimi O カテゴリ: 釣り日誌


(ビデオ撮影)

メモ:
「きれいなカットスロートの絵を撮る」ためにソーダ・ビュートへ。
釣り始めた時はハッチが無かったが、気温があがるにつれてグリーンドレイク(!)のハッチが始まる。それを見逃さずに几帳面にライズするソーダ・ビュートのカットスロート。これだけちゃんとライズしてくれるとビデオ撮影も順調に行くというもの。

» 続きを読む

2005年09月13日 投稿者: Jimi O カテゴリ: 釣り日誌


(ジミーの42歳の誕生日)

メモ:
ここ2、3日気温が氷点下まで下がっているので、イエローストーン国立公園内を流れるマディソンにヘブゲン湖から魚が揚がっていると期待して朝一番の7時にアッパー マディソンにストリーマーを流しにいく。5番のスペイで大きなウーリーバガーを流す、小さいストライクが2回のみで狙っていた50cm以上の大物は来なかった、残念。
まだ魚があがって来ていないのかも??

一回町に戻って(アッパー マディソンからウエストイエローストーンまでは車で7分(笑)
愛妻良子ちゃんが作ってくれる暖かい目玉焼き朝ご飯がおいしい、うれしい。
ちょっと休憩してビデオ撮影でイエローストーン国立公園に戻る。この時期は大きなオス エルクがハーレムを作り始めていて、団体でエルクが沢山いるのでとても絵になる。

» 続きを読む

2005年09月12日 投稿者: Jimi O カテゴリ: 釣り日誌


メモ:
朝はノンビリと途中ジャックリンズ Jacklin'sに寄って、ファイアーホールに向かう。
ウエストイエローストーンの町からファイアーホールまでは車で20分くらい、さすがにミズーリの3時間30分よりは短く感じる(笑)当たり前か、、
気温5度、体感温度3℃、立ちこめる低い雲、無風。 完璧なベイティス お天気。その読みが当たり(まあ、こんだけ環境が揃えば誰でもファイアーホールのベイティスハッチは予測出来るけど)ファイアーホールに到着すると既にライズ バンバン。

» 続きを読む

2005年09月11日 投稿者: Jimi O カテゴリ: 釣り日誌


メモ:
昨日とはうって変わって朝から雲一つ無い晴天、しかし南西からの風がとても冷たい、朝の気温12度、体感温度8度。いいトライコのハッチがあったが風が川面を揺らしあまりいいライズがない。仕方ないのでトライコのイマージャーを軽く沈めてポイントに流す釣り。あまりストライクが無く忍耐の釣りとなる。3時間休憩無しにポイントを探ってジミーに計5匹。

» 続きを読む

2005年09月10日 投稿者: Jimi O カテゴリ: 釣り日誌


メモ:
日本からのビデオ撮影に来ている青山君を9日午後にボウズマンでピックアップして、そのままミズーリへ。ボウズマンからだと片道2時間で行けるからミズーリを日帰りで行くガイドが多いのも納得。ウエストイエローストーンからだと3時間30分はかかるから、日帰りは無理だもんな、、
到着した晩は釣りをせずにそのままクレイグのトラウト ショップにてゆっくり夕食を戴いて早めに寝る。
10日は天気予報とおりに朝から雨、そして風。気温は10度。この天気が一日続く予報だったけど、11時になると雨も風も止み、雲り空の完璧なベイティス お天気。1時頃から当然のようにベイティスのスーパーハッチが始まるが、魚達はまだベイティスに慣れていないのか?ベイティスへのライズは無し。

» 続きを読む

2005年09月09日 投稿者: Jimi O カテゴリ: フライフィッシング
ミズーリにビデオ撮影に今日から行ってきます。
2泊の予定なのでそれまでブログの更新は無いのです、毎日このブログを見ている方に、
「ごめんなさい、、」

この機会に昨年度の釣り日誌など、を見ると面白いかも?
(右横にある”過去のトピック一覧””アーカイブ”で見たい年月をクリックすると一年前のトピックにも簡単に飛んでいけます)

ブログは本来はインターネット日誌だったので、その良さがジミーは気に入っています。
2005年09月08日 投稿者: Jimi O カテゴリ: 釣り日誌


メモ:
トリップ最終日はいろいろ選択肢があったけど「ライズしている魚を丁寧に取れるような釣りがしたい」とゲスト3名様のご要望にお答えして、3日前好調だったソーダ・ビュートへ。公園内のダンレイブン・パスの道もやっと開通したのでウエストイエローストーンからソーダ・ビュートへは1時間30分で行けるようになったのが嬉しい。(以前は2時間の道のりだった)
途中珍しいムースのペアも見ることが出来て、ソーダ・ビュートへ到着。水温10度、夜の冷え込みが厳しくなってきた証拠。ハッチは無し、しかし11時過ぎからいいグリーンドレイクのハッチがあり、魚もよくライズするようになる。

» 続きを読む

2005年09月07日 投稿者: Jimi O カテゴリ: 釣り日誌


(ガイド・トリップ)

メモ:
ゲストからのご希望でファイアーホールへ。
水温21度、まだ暖かすぎ、、しかしカディスとベイティスのハッチがあって時々ライズもある。数回フッキングするが、ランディングまで行かず。その後フライへの反応がスローになったのでファイアーホール沿いの(人知れない)間欠泉を観光した後にお昼を食べてから、オールドフェイスフルへ観光へ。

» 続きを読む

2005年09月06日 投稿者: Jimi O カテゴリ: 釣り日誌


(ガイド・トリップ)

メモ:
たっぷりとマディソンのフロート トリップを楽しんで戴こうと、長いフロートにチャレンジ。
午前中はストライクはあるが、どれも小さい20cm前後の魚、しかしお昼近くになるとグラスホッパーに30cmクラスが浮かぶようになり、ストライクも出てくる。お昼後の2時間はグラスホッパー、アントともにいい反応があり、O さんは40cm、42cmのナイス・レインボーをホッパーとアントでランディングすることが出来た。2匹とも鮮烈な走りをする堂々としたマディソン レインボー。

» 続きを読む

2005年09月05日 投稿者: Jimi O カテゴリ: 釣り日誌


(ガイド・トリップ)

メモ:
ツアー2日目はイエローストーン国立公園北東部のソーダ・ビュートへカットスロート狙いで。
(3年越しで)工事中だった公園内の道もめでたく開通していて今まで2時間ちょい、かかっていた道のりが1時間30分となり、約30分以上の短縮となるのは嬉しい(笑)。
11時頃からちょぼちょぼとグリーンドレイクが出て来た、それを見逃さずに補食するカットスロート達、フライもばっちり合い、丁寧にドリフトするとちゃんと出てくる。

» 続きを読む

2005年09月04日 投稿者: Jimi O カテゴリ: 釣り日誌


(ガイド・トリップ)

メモ:
ツアー一日目、昨晩前哨戦ということでなかなか良い釣りとなった、「マディソン・サンプラー」って感じでまず午前中レイノルズ・パスの上流部にハイク、ハッチ無しライズ無しで苦しい戦いになったけど、同じスポットでもフライを変えるたびに反応があり、粘るとそれなりにフライに出てくれる面白い釣りとなった。
午後は$3ブリッジへ。お昼のサンドイッチを戴いた後(アーニーズのサンドイッチはおいしいっす)$3ブリッジの下を覗くと、、
いましたね、60cmクラスのでかいブラウン。

» 続きを読む

2005年09月03日 投稿者: Jimi O カテゴリ: 釣り日誌


(ガイド・トリップ)

メモ:
午後に到着なさった3名様が時間通りにウエストイエローストーン出来たので「まあモーテルでボ〜としていても仕様がないから軽くイブニングでも、、」と言うことでマディソンへ。
イブニングの前にグリズリーのチーズバーガー(ここのバーガーは安くておいしい!)でしっかり腹ごしらえしてから$3ブリッジに入る。
ポイント前でリーダーやフライを付けてジッとしていると目の前4mのところでライズ。あまりにも手前の近いところでのライズなのでゲストのN さんは信じられない様子。

» 続きを読む

2005年09月02日 投稿者: Jimi O カテゴリ: 釣り日誌


メモ:
午後一番にボートを出してマディソンでフロート トリップを、と思ったが風が強いのでボートは止めてウエーディングで釣ることに。ウエーディングだと愛犬Zen 禅も思い切り走ることが出来るので彼も喜んでいる。
肝心の釣りはハッチも無く、ライズも無く、と言うコンディション。こうゆうときは一つのスポットで粘るよりも日本の渓流で釣るように上流に向かって釣り上がると面白い。

» 続きを読む

2005年09月01日 投稿者: Jimi O カテゴリ: 釣り日誌


メモ:
ミズーリからは途中昼寝をしたり、エニスでゆっくり夕食を戴いたりで、ウエストイエローストーンに到着したのが11時前と遅くなったしまった。当然、今朝は(ジミーだけ)朝寝坊(笑)良子ちゃんはZen 禅に起こされてスキーアメリカの予約手配の仕事を朝早くからやっていた。
夕方、Zen 禅が「川に行こうよ!」と落ち着きが無いのでシブシブ、マディソンへ向かう。(←ウソ) 

» 続きを読む